虫歯予防に欠かせないのが、なんといっても定期的に歯科へ行って歯石を取り除いてもらう事です。

じつは、いまから2年ほど前、とてつもない痛みが奥歯のほうで生じました。

最初は、正露丸を歯に詰めたりして、なんとか痛みを和らげる対処などをしておりましたが、
とにかく痛みが治まらなかったのでネット検索して口コミで良さそうな歯医者さんへ行くことにしました。

その歯医者さんの設備はなにもかも最新で、なるべく痛くない治療ができるとのことでしたので、見てもらいました。すると、どうも痛みが親知らずから来ていることを教えてもらい、親知らずを取り除いてもらうことにしました。

その前に、歯石がたくさんこびりついていたので超音波で除去してもらいました。

そのときに美人な歯科助手さんに教えてもらったのが、歯の磨き方です。これまできちんと磨いてきたつもりだったのですが、どうも間違っていたことがわかりました。

歯は1本ずつ丁寧に磨くのが基本となっているので、きちんと丁寧に磨くように教えられました。

そして歯を磨き終えたら必ずすべきことも伝授してもらえました。その1つが歯間ブラシを使用して歯と歯の間の食べかすを除去することでした。

まぁ、当たり前といっては当たり前なのですが、めんどくさくて歯間ブラシを使用しない人も多いはず。

ですが、この歯間ブラシはとても役立ちます。

歯科助手のお話によると、この歯間ブラシで歯肉から血が出てくるときには細菌が溜まっていることがあるので出し切った方がよいそうです。

そして、それから歯間ブラシを使用していたのですが、歯医者に通う前は歯を磨くたびに血が出てきたのに対して、歯医者で綺麗に歯石を取り除いてもらった後では完全に血が出なくなっていました。

それ以来、ずっと歯を1本1本丁寧に磨いています。

ただ、やっぱり歯間ブラシを使用するのは時間もかかるし、メンドクサイ、そこで直近6か月間ほど歯間ブラシを使用しないで通常の歯磨きだけで済ませていたのですが、ちょうど1週間前に歯がとても痛くなりました。

さすがに歯医者さんに行くべきか考えたのですが、ちょうど歯と歯の間が痛かったので、きちんと歯間ブラシで掃除を開始してみました。

すると、最初はかなりの出血があったのですが、3日もすると血がでなくなり、痛みがしなくなりました。

歯間ブラシの本領発揮でした。おそらく、歯と歯の間の食べかすが残ったまま放置された結果、細菌が発生して炎症を起こしていたのかもしれません。

そこで、歯間ブラシで細菌と食べかすを取り除いた結果、痛みが止まったと推測しています。

それ以来、痛みが完全になくなったので歯医者さんへは行きませんでした。

では、どんな歯間ブラシを使用しているのかといいますと、DENT.EXの4Sタイプです。これは4本入っているので、使用してみて、ワイヤーがだいぶ曲がりやすくなったと判断したときに交換しましょう。

もし使用中に歯間ブラシのワイヤーが折れてしまったら、大変なので、その点だけは注意が必要です。

The following two tabs change content below.

tan1tei5

いつも当サイトにご訪問いただき有難うございます。 管理人のtan1tei5です。 落ち着いた目線で真実をお伝えしていきます。