乙武,奥さん,離婚

乙武洋匡が奥さんと離婚までカウントダウン!?意外な一面はすごかった・・・

自民党として2016年の夏の参院東京選に出馬候補にもあった
乙武洋匡さんの不倫報道が飛び出したのは記憶に新しいところですね。

 

しかも不倫のお相手の女性は5人もいたといい、世の中を騒がせました。
これまで乙武さんを懸命に支えてきた奥さんと離婚協議中であり別居報道まで飛び出しました。

 

それもそのはずツイッターで度重なる奥さん以外の女性との親密なツーショット・・・そのため子作りしている可能性もたかくとんでもないことになっていたようです。

 

乙武洋匡さんは事実を認めた上に、奥さんの仁美さんまでコメントを発表する異例の事態となりました。

 

なんとも献身的なそのコメントにも「こんなにできた奥さんなのにかわいそう」と同情する声が上がっていました。

 

 

5人もの女性と関係を持っていたという乙武洋匡さん、うち2人は一晩限りの関係

 

乙武洋匡さんは一緒に旅行に行く関係の女性が3人もいて、そのうち1人とはもう4年間ほどの付き合いがあるそうです。

 

さらにその他にも一晩かぎりの関係を持ったという女性が2人おり、性に関してかなり貪欲なことが伺えますよね。

 

実はこの報道、私自身はあまり驚かなかったのです。

 

なぜなら、私の後輩の女の子も実際に乙武洋匡さんにナンパをされたことがあるからなんです!

 

かなりゲス?!乙武洋匡さんのナンパの実態

 

私の後輩の女の子は4人ほどで出かけた際に、街で乙武洋匡さんを見かけ「乙武さんだ?!」と思わず声にだしたそうです。

 

乙武洋匡さんは複数の男性らと行動を共にしていたそうですが、嫌な顔もせずとても気さくで
このへんのおいしいお店案内してくれない?」と誘ってきたそうです。

 

場所が地方だったために自然な流れともいえますし、乙武洋匡さんに対して「知性のあるまじめな男性」とのイメージが強かったため警戒せずに案内したそうです。

 

しかし、打ち解けて話すようになるとイメージは一転、ひたすら下ネタオンパレードなゲスな男性だったんだそうです。

 

内容はかなりひどく「どうやってエッチするのか知りたくない?」など直接的かつ積極的で後輩はショックを受けてしまったそうです。

 

もしもついて行ったりしたら、乙武洋匡さんのワンナイトラブの相手にされていたかもしれないですよね。

 

アッサリと認めて謝罪、奥さんもコメントを発表

 

乙武洋匡さんは報道を認めた上で謝罪の言葉と家族との再築を誓うコメントを発表しています。

 

このへんの「潔く認めて謝罪する」という流れは、ベッキーさんの不倫報道があってから「否定すればするほどあとから何か出たら叩かれる」ということもあり、認めて謝罪の方がいいとスタンダードになりつつありますよね。

 

しかし、乙武洋匡さんのケースで異例だったのは「奥さんもコメントを出した」ということです。

 

奥さんの仁美さんは「私の責任でもあると深く反省しております。」などのコメントをしており、3人のお子さんのためにも夫婦共に歩んで行くことの決意を述べていました。
しかし、結果的に離婚協議中・・・奥さんもいよいよ耐えられなくなってしまったのでしょう。

 

奥さんに対して同情するコメントがネットを賑わしている

 

ネット上では一般の人から、

 

こんなできた奥さんなのにかわいそう

 

ハンディがある分、普段から奥さんの世話になっているはずなのに信じられない

 

などの奥さんに同情するコメントが多く見られるなか、

 

障害がある人は不倫しちゃいけないのか」などのコメントも上がりました。

 

 

この声に対して「そもそも不倫がダメなことだろ!」と非難が殺到するなど過熱を見せていました。

 

不倫というのは、なにがあってもしちゃいけないことですから当然ですね。

 

不倫に関しては障害やハンディは婚姻関係を結んでいる以上免罪符にはなりません。

 

他人事ではない?!一般人に当てはめるとこんなケースも!

 

乙武洋匡さんの報道、自分の旦那さんとは遠い問題のように感じてしまいがちですが、実はそうでも無いのです。

 

なぜなら一般人でいうところの「うちの旦那はイケメンでもないし冴えないから大丈夫」に当てはまるからなのです。

 

乙武洋匡さんは五体不満足の体でありながらというよりも、そうであるがゆえに性に関して貪欲なのではないでしょうか。

 

そのパターンでいうならば、「特にモテたことのない男性が好意を寄せられると途端に弱い」というのも納得です。

 

モテたことのない男性は「この機会を逃してはならない!」とけっこうアッサリと関係を結んでしまうものです。

 

女性からの好意に慣れていない分めっぽう弱いのです。

 

脳内はお花畑状態になり、自分を相手にしてくれない奥さんよりも不倫相手にのめり込んでしまう人もいます。

 

のめり込んだら大変なことになるかも?!

 

こういった男性は相手の女性にのめり込みやすいものです。

 

探偵などが調査をしてみると、そういった男性ほど不倫相手の女性やその連れ子などの家庭にズッポリとはまり込み、まるで家族のように溶け込んでしまっているそうです。

 

このようなケースの場合、旦那さんの心は奥さんよりも不倫相手に傾いてしまい離婚に発展してしまうかもしれません。

 

なにしろ不倫相手と擬似家族を体験してしまってますから、「こんな暮らしもいいかもしれない」と思ってしまうわけです。

 

奥さんは気づいていないだけかも?!

 

「誰にも相手にされるわけない」とすっかり旦那さんに対して安心してしまっている奥さんは多いものです。

 

しかし、そんなあなたは気付いていないだけかもしれません。

 

旦那さんはあなたの知らないところで不倫相手の女性にのめり込んでいるかもしれないのです。

 

 

旦那さんの目を覚まさせるためには探偵に証拠を集めてもらう必要があります。

 

証拠を集めることのメリットとしては、慰謝料請求だけではなく「別れさせる」ときに有効に働くことがあるためです。

 

奥さんは普通、旦那さんのことしか調べませんが探偵は違います。

 

相手の女性についても調べますから、「実は他にも交際相手がいた」なんてことが発覚することもあるのです。

 

そうなれば、旦那さんのその相手への熱はあっという間に冷めて正気に戻りますからね。

 

離婚ではなく再構築を考えている方にも、探偵への調査依頼というのはオススメな方法です。

 

気になる方は相談してみてはいかがでしょうか。

 

⇒浮気慰謝料の相場と請求方法はこちら