我が家のエアコンは7年をすぎたあたりから、徐々にあの独特なエアコン臭がしてくるようになりました。

我が家もエアコンを毎年使っていて、もうすでに10年以上経過しているのですが、とにかく久しぶりにエアコンをつけると強烈に酸っぱい臭いが部屋中を充満して窓を開けずにはいられません。なんなんですかね。あの臭い・・・

どうしても、この臭いが嫌なので市販のエアコンスプレーを使用すれば、臭いがとれるというのをテレビで知って、その手順通りに前面パネルを持ち上げてフィルターを取り外して、中のフィンと呼ばれる金属部分にスプレーを満遍なくかけてみたのですが、臭いが取れるのは一時的で、1週間経過すると、あの臭いが復活してしまい、とても嫌な気分になりました。

しかも、掃除した気分になっていたので、また掃除しなければいけないのかと落ち込み具合も半端なかったです。

なんだかんだで、エアコンスプレーだけではエアコンの臭いは除去できないということが経験上わかりました。エアコンスプレーには除菌、防カビと書かれているのもありますが、カビの臭いの元が何かという根本的な原因を突き止めないと完全には解決しないので注意が必要です。

まず、エアコンの臭いは、吹き出し口の奥に見える、シロッコファンと呼ばれる回転するパーツについたカビや塵などが元となっていると思われます。

この掃除をしないことには何ら解決にはつながりません。

そこで、シロッコファンを取り外したいのですが、実際に試してみると簡単には外れないようになっていますよね。

まぁ、エアコンをつけるとシロッコファンは高速で回転しますので、危険なので、簡単に外れてしまわないようにできているということになります。

「それならエアコンの掃除屋さんを呼べばいいのでは?」といったご意見を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、エアコンの掃除業者を呼ぶにしても1万3千円くらいはしますので、毎年そのくらいの出費をする必要があるということを考えると結構、抵抗があるんです。

なので、エアコンの掃除は自分でやることがベストと判断して、自分でエアコンのシロッコファンを掃除しました。ブラシでゴシゴシと擦るのですが、黒いものがボロボロと獲れるのですが、なかなかとり切れず、キリがありませんでした。

しかも腕をあげっぱなしで1時間くらいかかりましたので、結構肩とかが凝りました。

そんな感じのエアコンの掃除を毎年行ってきたのですが、ある時、シロッコファンを水洗いをしようと思いつきました。

きちんと電気系統をテープで養生しつつ、ゴミ袋をカッティングして三角形に織り込みホースをつなげてバケツに汚れが来るようにしてみました。

そして、お風呂場でホースをつなぎ、水を出して、シロッコファンに当てて掃除をしはじめました。すると・・・とんでもないことになってしまったのです。

続きは次の記事へ

The following two tabs change content below.

tan1tei5

いつも当サイトにご訪問いただき有難うございます。 管理人のtan1tei5です。 落ち着いた目線で真実をお伝えしていきます。